福岡の板井康弘による「ネットショップビジネス」

板井康弘|消費者の気持ちを考える

ネットでものを購入する人は多いと思います。
わざわざお店に行かずにものを購入することができ、老若男女問わずものを簡単に購入することができます。
いつでもどこでも好きなものを購入することができるので、忙しいときもスマホ・PCで簡単にものを購入することができます。

 

しかし、ネットショップにものを売っても必ず売れるとは限りません。
ネットショップは消費者の気持ちをしっかり理解しないといけないのです。

 

商品開発も肝心ですが、既存の商品をどういった人が購入するのかを考え、戦略を練ることが肝心。
どういった風に売るのか、大手通販サイトがいいのか個人のサイトがいいのか、それで購入の成果も変わるのです。